父ちゃんが教えたるっ!

娘に算数を教えてたら小1で小学算数、小2で中2数学までがすべて終わってしまった!国語・作文・英語もぼちぼち。年長長男は四則演算・分数・小数・素因数分解を暗算でこなせるまでに!

わり算 小学校算数

【速算】○÷5

2016/09/07

娘/小1/1月~2月
息子/年長/5月~6月
100に近い数同士のかけ算

50に近い数の2乗

工夫した計算方法(×5、÷5、×○9、×○1、×○5、その他)

(a+b)(a-b)=a2-b2




○÷5のやり方

考え方は基本的に前回の「○×5」と同じです。
はじめに「10個に分けてから2倍する」です。
「2倍してから10個にわける」でももちろん同じです。

630÷5

=630×
1

5


=630×
2

10


=
1260

10



=126

練習問題

小数までわかるようになると、この方法が威力を発揮します。

91÷5

91÷5

=91×
1

5


=91×
2

10


=
182

10



=18.2

10.5÷5

10.5÷5

=10.5×
1

5


=10.5×
2

10


=
21

10



=2.1

1234÷5

1234÷5

=1234×
1

5


=1234×
2

10


=
2468

10



=246.8

【速算】○×5 とセットで覚えてくださいね。

わり算の意義

わり算は特別なやり方は特にしていないので書きませんが、筆算をするときはかけ算にしろわり算にしろ、桁をそろえて書くということは徹底したほうがいいと思います。

計算間違いの元になります。

また、わり算には2つの意味があることをご存知ですか?
例) 12÷3

ひとつは、12個のものを3人で分けると一人何個?
もう一つは、12個のものを3つずつ分けると何人に分けられる?




↓↓↓もっとおもしろいブログはこちら(*^_^*)

にほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へ
にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ




-わり算, 小学校算数
-