父ちゃんが教えたるっ!

娘に算数を教えてたら小1で小学算数、小2で中2数学までがすべて終わってしまった!国語・作文・英語もぼちぼち。年長長男は四則演算・分数・小数・素因数分解を暗算でこなせるまでに!

つれづれ 勉強方法

【家庭学習大改革】自分で学習計画を立て、自分で勉強する

自立学習スタイルに大改革

小1の春から今まで父ちゃんの宿題をイヤイヤ?こなしてきた長女(小3)ですが、ついに家庭学習スタイルを変えることにしました。

「自分で学習計画を立て、自分で勉強する!」

精神年齢は低く、ほっときゃゲームしたりyoutube見たりしてしまう我が子に、そんなことができるのか?!妻は目を細めています。
言い出した私自身でさえも不安でいっぱいwww

国語はふつうレベルになったし、数学は中2数学まで終了、来年中学受験でも算数だけなら大抵のところは合格できるだろうレベルにきたので、アドバンテージは十分です。
失敗しても置いて行かれることはない。さあ、やるぞ!

できるから楽しい

そもそも、批判の多い先取り学習を進めているのには、ある想いがあるからです。

「子どもというのは、『好きだからできる』というより、『できるから好き』であることのほうが多いのではないか?」

別に「算数」だけに限った話ではなく、「勉強が好き」「勉強が楽しい」と思ってもらえれば……
実際、これだけの先取りをしていても娘の一番好きな教科は「算数」です。
(あと数年もすると国語と英語に変わってくると踏んでいますが。)

ギリギリの圧をかける

さて、毎日楽しく勉強ができれば最高なのですが、さすがに毎日はそううまくいきません。
厳しくした日も多々ありました。

甘くすればつけ込まれるし、厳しくして勉強嫌いになっても困る。
だから、勉強嫌いにならないようにギリギリの圧力をかけるwww

とはいえ、自分ではギリギリの厳しさと思っていても、子どもにとっては閾値を超えている可能性もあります。
そこが時々不安でした。

教えまくるだけじゃ意味がない

そして、もう一つ。
勉強をただ教えるだけでは、勉強のできる子にはならない、ということ。

勉強を教えるだけで、勉強ができるようになるなら、教えまくればいい。
でも、そうじゃない。

自分で勉強ができるようにならなければ、結局意味がない。
開成に受かったって、筑駒に受かったって、灘に受かったって、意味がない。
いや、受験はしないんですけど^^;

プレゼン

さて、この「大改革」で導入に失敗すればすべてが水の泡ですから、パワポ使ってがっつりプレゼンしましたwww

おおまかな内容をいうと、算数オリンピックでも数学検定でも英検でも漢検でも全国統一小学生テストでも何でも、チャレンジして合格すればおこづかいがもらえるという「賞金稼ぎスタイル」^^;

それらに向けて自分で計画を立てて勉強するというわけ。
もちろん、完全に丸投げは無理ですから、学習計画は一緒に立てますし、勉強のサポートもします。

近いところでは、来月の算数オリンピックでファイナルに残れたら新しい自転車が買ってもらえることになっています。
今回は特別豪華賞品です。ハードルも低く設定しました。
なぜなら、もともともう買い換えなければ行けない時期だったからwww
長女はだまされているとはつゆ知らず、ちょー喜んでいます。

 

この自立学習の利点は、自分で立てた計画ですから、そのスケジュールを守ろうとします。
ナイスアイデアです^^

学習計画の立て方

ただ、一番の難点は、学習計画の立て方って意外と難しいんじゃないかってこと。
先のプレゼンのあと、長女が早速立てようとしていた計画のやり方を見て、「待て待て待て!」と。

計画の立て方と勉強の仕方について、講釈たれました。

できる人の計画の立て方は……千差万別。自分にあった計画の立て方を見つけていこう、ということ。
「時間」できっちりスケジュール組むのは良くない。なにをやるのか「内容」で計画を立て、時間はなんとなーく。
ちょっとずつでも毎日続けることが大事。
なにより復習が大事。
完璧をめざすな。テキトーにやれ。
テスト対策には過去問が大事。

とりあえず、これぐらい。

妻への禁止令

さて、今回の家庭学習改革に伴い、妻にも指令を出しました。
「宿題やってーーー!!」とか、「明日の学校の準備してーーーー!」とか言わなくていい。むしろ禁止。ほっとけ、と。

「口を出さない」という難題を妻が守れるでしょうか^^;

あれどうなった?

以前の記事で書いた「あれ」がその後どうなったのか。

なぞかけ遊び

なぞかけ遊びでさりげなく語彙力アップと辞書引き習慣を

なぜか今でも時々やってます。「なぞかけ」とはいかに「同音異義語」を探すかですから、やりだすと、めちゃくちゃ辞書読みますね。
最近の作品としては、

『旅行』とかけて、『昔の靴下』と解きます。その心は、どちらも『たび(旅・足袋)』。

こんな感じです。

すぐやるスイッチ

「すぐやるスイッチ」大実験

日付を書く、名前を書くなどのスモールステップをもうけるとか、クレペリンの作業興奮のまねごとで始めに簡単な足し算を何問か解くというものですが、(予想通り)失敗ですwww
そりゃ、その程度では無理ですよね^^;

学習におけるスモールステップとはそんなことではないと思われます。
学習の進度を少しずつやるというのが、本当の学習におけるスモールステップだと。
そういう意味では、「進研ゼミ」とか「Z会」とか、なんて良くできているんだと思います。
しかも、自分で教材を読んで、自分で理解して、自分で問題を解くという自立学習が自然にできるようになっています。
自分で勉強ができる子になるというシステム。

中高になって学年一の出来杉くんが、小学生の時にはZ会しかやっていなかったとか、うなづける話です。
自分で勉強ができる力をつけるということが、いかに大切かということです。

やはり「考える」ということがなにより大事ですからね。
塾で受け身で授業を受けるより、こっちのほうがいいかもしれません。ぜひ。


Z会の通信教育

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ
進研ゼミ小学講座

 

↓↓↓「いいね!」の代わりにポチッとたのむ!

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へ






-つれづれ, 勉強方法
-