父ちゃんが教えたるっ!

娘に算数を教えてたら小1で小学算数、小2で中2数学までがすべて終わってしまった!国語・作文・英語もぼちぼち。年長長男は四則演算・分数・小数・素因数分解を暗算でこなせるまでに!

国語 語彙力

語彙力アップのシンプルな遊び

私はユーチューバーさんの動画がけっこう好きです。
そして、最近とくにハマって見ているユーチューバーさんが、


文学YouTuberベル【ベルりんの壁】
https://youtu.be/R2fzKtwFszI

メインは本の書評を動画で流すという読書大好き文学少女?です。

彼女の影響で本も何冊か読みました。

 

さて、彼女が「語彙力」に言及した動画を見たとき、「本が大好き」とか「語彙力が高い」とか、そういう人ってやっぱ言葉に対する関心?執着?が強いんだなぁと感じました。

 

そして、語彙力を付けるには「本を読む」こともさることながら、ある昔からのゲームがやはり抜群にいいのではないかと。

それはずばり……

 

しりとり

 

小さい子がやるイメージですけど、やっぱりボキャブラリーの獲得にはすこぶる長けてますね。

でもやはり、ただのしりとりではなく、オプションルールを追加したいところ。

 

筆頭にあげられるのが、しばり です。

「食べ物」とか、「国の名前」とか、(小学生には難しいでしょうけど)「四字熟語」とか。

テレビなんかでもよく見かけるルールです。

逆に、「動物と食べ物はなし」というしばりもいいかと思います。

 

それと、ある程度出尽くしたところで、1~2分のカンニングタイムを設けるというのはどうでしょうか?

制限時間内に、「辞書を読む」「メモを取る」を”あり”にします。

基本、意味が分かってないのはダメでいいと思いますが、ここはまあ悩みどころ。

意味は分からなくても、その言葉を聞いたことさえあれば、いつかその言葉に出会ったときに、「あれ?その言葉聞いたことあるな。」となってくれるだけで、作戦成功だと思うんですよね。

「カンニングありしりとり」を冬休みにでも実験してみます。

 

↓↓↓「ラ行を制するものはしりとりを制す!」に賛成の方はポチッとたのむ!

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へ






-国語, 語彙力