父ちゃんが教えたるっ!

娘に算数を教えてたら小1で小学算数、小2で中2数学までがすべて終わってしまった!国語・作文・英語もぼちぼち。年長長男は四則演算・分数・小数・素因数分解を暗算でこなせるまでに!

国語 語彙力

冬休みに慣用句を120個ほど暗記させてみた

驚くほど語彙力のない我が子どもたち。
これがふつうなのか?!
いやいや、あまりにも知らなすぎる。

今まで何度も失敗してきた「言葉」の学習。
今回はドラえもんシリーズの2冊を使って、暗記にチャレンジしてみました。

 

1日に18個覚えます。

その日覚える慣用句を18個選びます。

本を読んで言葉の意味を理解します。忘れてもいいから。

で、覚えます。ノートに書き出した位置もまるごと覚えます。このとき、意味は無視です。

覚えたかどうか、自分で書き出してみて、18個書けなかったら覚え直し。

これを繰り返して一旦完璧に覚えます。

こんなの30分もすれば忘れてしまうので、1日に何回かチェックします。(自分で)

夜、父ちゃんがチェックテストします。

次の日もチェックテストします。

長期記憶に残そうというわけではなく、記憶の片隅に残っていれば、今後本を読んだときや、会話中にその言葉が出てきたとき、ひっかかってくれるだろうという、希望的観測です。

だから、意味も曖昧なままで良しとしました。

 

年末年始、私が休みの間は、それらの慣用句を使いまくってやりました。

お風呂で慣用句しりとりもしました。

小学生の覚える慣用句なんて日常、頻繁に出くわしますから、マンガを読んでるときやテレビを見ているときなど、

「あ!ここにこれ書いてあったーー!」なんてことがしょっちゅう。

これは、こちらの思惑通りです。

 

こんな感じのことを、トータルで1週間分ぐらいやったわけです。

今までのやり方の中では、まあまあうまくいったと思います。今まではほとんどが失敗でしたしね。

 

話は変わりますが、お正月にすることがなくて、本屋さんに行ったときのこと。

めっちゃいい本、発見!!
小学生用の言葉の本ですが、ひとつひとつに漫画がついています。
ドラえもんシリーズも漫画があったので選んだのですが、漫画がついていない言葉も多々あります。

言葉で説明してもわからんやろ、というのが以前から思っていたことだったので、これはまさに理想形。漫画も面白い!

著者は高濱正伸先生でした。どおりで。納得。即買い。

 

↓↓↓「いいね!」の代わりにポチッとたのむ!

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へ






-国語, 語彙力