父ちゃんが教えたるっ!

娘に算数を教えてたら小1で小学算数、小2で中2数学までがすべて終わってしまった!国語・作文・英語もぼちぼち。年長長男は四則演算・分数・小数・素因数分解を暗算でこなせるまでに!

つれづれ

ドラマ・映画を見ると『コミュ力』が上がる

ドラマ・映画を見ると『コミュ力』が上がるという話を耳にしました。

何でもいいわけではなく、「人間の心の揺れ動きのあるもの」がいいとのこと。ドキュメンタリーはダメです。

なんとなくわかる気がする。

詳しくはコチラ → 人に会わずにコミュ力を高める方法(Mentalist DaiGo Official Blog)

 

日曜日には『ワンピース』を子どもと一緒に見ているのですが、ルフィとカタクリの戦闘の最中、

「カタクリは、ルフィのこと好きになっちゃってんじゃん。」と私がぼそりとつぶやくと、子どもたちの頭の中には「???」。

私「えっ?!!!」

 

闘いの決着がつき、ルフィがカタクリの顔の上に帽子を被せてあげたシーンで、

「なんで帽子かぶせてあげたかわかる?」と子どもたちに問いかけて見るも、やはり「わかんない」と。

なんと心情を読み取るチカラのないことよ。トホホ

 

よし!毎週1本、映画を見よう!ということで、ひとまずツタヤの会員登録。

しかし、小学生と一緒に何見る?

とりあえず下心は置いておいて、シンプルに「面白そう」なものを選ぶことに。

私自身、以前から見たかった『サマーウォーズ』。

……おもしろかった^^

やっぱりアニメーションは鉄板。ジブリでも、ディズニーでも、ドラえもんでも、細田守でもなんでも。

しかし、ジブリもディズニーも細田守も大体見ちゃったし、実写映画も見たい。

で、これが難しい。

洋画でも邦画でもなんでもいいんですが、小学生でものめり込んでみられる映画ってなんでしょう?

個人的には、『羊と鋼の森』とか、『桐島、部活やめるってよ』とか、『舟を編む』とか、本屋大賞の映画化されたものは見ておきたいところですが、、、むずかしいかなぁ~、、、あと何よ?

『スタンドバイミー』とか?

『天使にラブソングを』とか?

思い浮かぶものが、古っ!

まあ古くてもいいんだけど。。

小2と小4の子どもたちに見せられるハリウッド映画は限られていることがわかりました。

まあ、でも、、、

子どもたちと一緒にドラマや映画を見るのはふつうに楽しい^^

 

 

余談ですが。

私は大学に入って一人暮らしを始めたのですが、それまで実家にいたときには、「テレビは夜8時まで」というルールがあったので、「ザ・トップテン」を見たことなかったですし、ドラマもほぼ見たことがありませんでした。

小学生?中学生?当時流行っていた「ノリダー」も何のことか分からなかったし、ユーミンもBOOWYも知りませんでした。

中学の時、たまたま友だちの家で聞いた「リンドバーグ」にハマり、ビートルズとリンドバーグを延々と聞いていました。高校生になってからは、もう少しいろんな歌手の曲を聴いていましたが。

さて、大学生になって一人暮らしを始めてから、それまでの反動が来ました。

それまであまり見られなかったドラマやバラエティを見まくりました。

人生で一番勉強したのも大学時代なので、見まくったレベルも知れてますけど。

熱中できる学問があったからよかったものの、それがなかったら……反動こわいです。

 

↓↓↓「いいね!」の代わりにポチッとたのむ!

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へ





-つれづれ